デザイン・印刷技術力

デザイン・印刷技術力をご紹介いたします

出しにくい色、細かく複雑なデザインでも、鮮明に印刷することができます。OPP・CPP商品への印刷も城北商会へご相談ください。

高い印刷技術を持つ協力会社と連携

「ISO9001」「JAB R003」登録済みの都内近郊の印刷会社と連携し、特化した製版技術と最新の印刷機械で、最大8色印刷まで対応可能です。

印刷技術紹介

グラビア印刷

グラビア印刷

凹版方式により製版された版(版銅)の表面全体にインキを塗布し、その後版の表面を平らな板(ドクターブレード)で掻き落とすと、版の網目、凹み部分にのみインクが残ることになり、その凹み部分のインクを圧胴で押さえフィルムに転写させる印刷方法です。

製版方式にはコンベンショナルグラビア・網グラビア・電子彫刻グラビアの3つがあります。版の製造コストは高いものの、高速印刷が可能であること、文字印刷・鮮明な写真印刷が可能なため、包装用フィルムの印刷に用いられています。

【グラビア印刷のメリット】
・グラビア印刷独特の深みのある豊かな色調
・耐久性・安定性のある版
・インキの選択肢が多く、紙はもちろん各種プラスチック
・フィルム、アルミ箔にも印刷が可能であること
・インキの接着性に優れている

シルク印刷

シルク印刷

印刷したい部分には、たくさんの小さな穴が開いています。この版の上からインクを擦り付けます。穴の開いている部分だけはインクが浸透して印刷されるというわけです。

位置決めができましたら、インクを取り、専用のゴムヘラで版の穴に薄くのばします。一回伸ばす場合と二回伸ばす場合では、印刷の濃度が変わりますので、事前に一回伸ばしなのか二回伸ばしなのかを決めておく必要があります。

複数色の場合にはこの流れを色数分繰り返すことになります。

【シルク印刷のメリット】
・グラビア印刷と比べ、製版費用があまりかからない
・小ロットで作成可能
・曲面などにも印刷可能
【シルク印刷のデメリット】
・スピードが上がらないので加工費用が高い
・手加工の要素が強く、職人的な知識が必要

どちらかというと、シールやラベルの印刷、Tシャツなどの繊維製品への印刷、電子部品や産業用部品などへの印刷といった用途に多い印刷方法で、フィルム製品への印刷の場合はショッピングバッグなどに採用されています。

フレキソ印刷

フレキソ印刷

フレキソ印刷で使用するインキの主流は水性インキです。フレキソ印刷の特性として、絵柄のベタ部分のインキのりがよく、鮮明な仕上がりを実現できます。

段ボールから軟包材のフィルムまで様々な材質、厚みの被印刷体への印刷が可能です。

こんな印刷にも対応できます

写真をきれいに印刷してほしい

写真をきれいに印刷してほしい

人間の肌の色や風景の細かい色彩まで、鮮明に印刷することが可能です。

キャラクターの色を鮮明に印刷してほしい

キャラクターの色を鮮明に印刷してほしい

お客様より提供いただいたキャラクターのデータ(イラストレーターで作成)を、精度の高い彫刻技術で再現性を高めております。

細かいデザインまではっきりと印刷してほしい

細かいデザインまではっきりと印刷してほしい

印刷の精度は、製版技術により大きく左右されます。高度な製版技術を持った協力会社との連携により、細かいデザインの鮮明な印刷を実現しております。

城北商会の品質・技術力
お問い合わせ・お見積りはこちら まずはご要望をお聞かせください

納期やロット数、用途などお客様のご要望にお応えできるOPP・CPP袋を多数取り扱っております。「これを入れる袋がほしいけど、どれを選べばいいか分からない」などのご相談もお気軽にお問い合わせください。

城北商会へのお問い合わせ・お見積りはこちら TEL:03-3800-3671 (平日8:30〜18:30まで) FAX:03-3810-1056
このページのトップへ